facebook page

商店街の活性化計画づくりをサポート! トータルプラン作成支援事業/入門コース・実践コース・ブラッシュアップコース

事業概要

「トータルプラン作成支援事業」は、活性化を目指し自らのビジョンおよびプランを作成することで、問題解決の第一歩を踏み出そうとする商店街のための事業です。
本事業は、支援パートナー※によるワークショップを通じて問題や活性化に活用できそうな事柄を整理した上で、商店街の目指す姿とその実現のための取組みについて検討し、計画を作成します。
プラン作成後は、その実現性を高めるため、調査によるプランのブラッシュアップを支援します。
 
商店街の状況に合わせて、3つのコースの中からお選びいただけます。
 
※「支援パートナー」とは、商店街支援に関する知識・スキル・ノウハウ及び課題発見・解決力等を備えた、支援センターの登録専門家の名称です。
 
【今年度のリニューアルポイント】

★「ブラッシュアップコース」を新設しました ★
     ・実行に向けて作成したプランの具体化
     ・プランのニーズや実施規模についての調査および集計
     ・調査結果に基づくプランのさらなるブラッシュアップ

※過年度に本事業にてプランを作成した商店街もお申込みいただけます。
 
事業のチラシはこちらをクリック
↓↓↓ 
 

コースの内容

本事業では、次の(1)~(3)の3コースで商店街の状況に応じたプランづくりまでの支援を行います。
(1)入門コース
  活性化に向けた話し合いの仕方などを学びたい商店街向け
(2)実践コース
  現状把握、目指すべき方向性の検討、問題解決の具体策までトータルに検討したい
  商店街向け
(3)ブラッシュアップコース
  プランの実行に向けて、ニーズや実施規模等について調査および集計し、プランの
  内容をさらにブラッシュアップしたい商店街向け     


※商店街の状況によって派遣回数を短縮することができます。
※研修は原則として最終回まで実施することが前提ですが、状況により支援センターと相談の上、途中での終了も可能です。
※派遣イメージはあくまで目安です。詳細はお申込み時に支援センターにご相談ください。 


◎各研修内容について

研修は、全体を通してワークショップ形式で参加者が主体的に話し合いを進めます。
ワークショップは支援センターが提供するテキストに沿って進行します。
 

■ワークショップ研修
ひとつのテーマに沿ってグループ討議という形式でのワークショップを体験します。
■実践サポーター等※講演
実践サポーター等を派遣し、商店街として実際に取り組んでいる活性化に向けた活動について講演します。これからプランづくりを目指すにあたり、参考となる事例について学びます。
※「実践サポーター」とは、これまでに支援センター事業を受講し、商店街活性化の取組みを継続実施している方等を指します。支援パートナーが講演を行うこともあります。
 

商店街の現状を把握した上で、自分たちが思い描く「ありたい姿」を明確にすることで、現在抱えている課題等を支援パートナー進行のもと整理していきます。


ビジョン作成研修で選択した課題の解決に則した現状分析を行うことで、具体的な取組みを検討・抽出します。抽出した取組みは実現可能性の程度(すぐに取り込めるもの、条件つきで取り組めるもの、しばらく取り組めないもの)に合わせて分類し、具体策をまとめていきます。


プランの実行に向けて、商店街自らがプランのニーズや実施規模等について調査および集計します。さらに、支援パートナーの支援による調査結果の分析のもと、プランの内容をさらにブラッシュアップします。 

支援パートナーリスト

 平成30年度支援パートナーリスト



募集概要

募集概要・手引き・公募要領

第5回募集:平成30年7月2日(月)~平成30年7月17日(火)
第5回募集は終了しました。次回の募集は8月1日(水)開始予定です。

公募要領
応募に必要な書類

申し込み可能な団体

商店街の活性化を目指してビジョン・プランを作成し、行動につなげたいたいと考える商店街が対象です。

 


お問い合わせ

トータルプラン作成支援事業 担当

電話番号03-6228-3061
Emailtotal@syoutengai-shien.com
問い合わせる