facebook page

全国の魅力的な商店街をつくるための取り組み事例をご紹介します! 商店街活性化事例レポート

急増する外国人観光客に対応。多言語ツールに注目!

商店街名 宇治商工会議所/京都府宇治市

宇治商工会議所の外国人観光客接客支援ウェブサイト。五か国語に対応する多言語ツールが利用可能。

誰でも気軽に利用できる 無料翻訳システム

2大観光スポットのほど近くに位置する宇治橋通り商店街。特に台湾や中国といったアジア圏からの来街者が多い。平日は外国人観光客の方が多いことも

 近隣に観光地を擁する商店街の目下の課題は、海外からの観光客に対する各個店の接客だ。

 そんな言葉の壁の問題をフォローしているのが、宇治商工会議所である。宇治市は平等院と宇治上神社というふたつの世界遺産があり、一年で約560万人もの観光客が押し寄せる国内きっての観光地。外国人観光客も急増中だ。

そこで、宇治商工会議所は’15年に「多言語ツール」を開発した。これは、「多言語のメニューやプライスカードが簡単につくれるツール」「接客おもてなしシート」「多言語型の観光マップ」の3点からなり、特に前者2つは個店が対象。これらのツールはインターネット上で公開されており、パソコンとプリンターさえあれば誰もが無料で利用できる。すでに市内の観光立地商店街にある物販店の約40%が活用しているという。

 宇治商工会議所は「あくまで外国人観光客の接客におけるベーシックなツールとしてご活用いただき、そこにお店の個性をプラスしていただければ」と期待を込めている。








*多言語ツールはこちらから利用できます*
▼▼▼
宇治商工会議所の外国人観光客接客支援ウェブサイト



 

 


     

 


 
 
この記事は、商店街活性化の情報誌「EGAO」の2018 Spring(春号)に掲載されています。
 
▼▼▼
商店街活性化事例レポートの一覧へ